読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音盤日誌@金沢(仮)

レコード(LP/CD/DVD)を聴いて思ったことを書く日誌。

BILL EVANS TRIO / PORTRAIT IN JAZZ

緊張感あるね。ジャケットの顔もちょっと怖いです。ビル・エバンスの怖さというのは天才なのに自分が天才だとあまり分かっていない人の怖さだと思う。悪気はなくても真正面に立たれたら凡人の側はたぶん少し怖いよね。その点、キース・ジャレットあたりは自…

GIL EVANS & LEE KONITZ / ANTI-HEROES

ギル・エヴァンスとリー・コニッツのデュオ盤<Heroes>の続編。ウチにあるのは正続2枚をカップリングしたCDセット。内容的には同日の実況録音を2枚に分けた意図は特に無いと思われる。スティーヴ・レイシーとの<Paris Blues>では夜中に聴くべき一枚だ…

MILES DAVIS / STAR PEOPLE

Come Get It、It Gets Better、What It Is、That's Right、That's What Happened。本作及び次作<Decoy>に収録されているこれらの曲名が、どれがどれだか未だに憶えられない。“曲名なんて所詮は無意味”、マイルスのたぶんそういうところは嫌いではないが、…

KEITH JARRETT / THE MOURNING A STAR

「玉石混淆。玉を拾い集めるような聴き方しか出来ない」・・この時期のキース・ジャレットを簡潔に評してこう書いた人がいた。言い得て妙、実に的を射ている。筆者の趣旨はどちらかというと否定的ニュアンスだったと思うが、なるほどそんな聴き方もあるのか…

MARY HALVORSON / ILLUSIONARY SEA

生まれ1936年だというからカーラ・ブレイは御年80才。不謹慎ではあるが「次の人」を探そうか、などと考えることもある。そんな流れのひとつでメアリー・ハルヴォーソンというギタリストを知った。マリア・シュナイダーがギル・エヴァンスの後継者ならM・ハ…

THOMAS CLAUSEN, STEVE SWALLOW / Morning... Dreaming...

トーマス・クラウゼンなる鍵盤奏者とスティーヴ・スワローのデュオ盤。新録音が世に出る枚数からしてスワロー氏との共演を欲する演奏家が数多く存在し、スワロー氏の方でも彼らをあまり拒まないと見える。結構なことだが、そういう演奏家達にたぶん共通する…

GIL EVANS / THERE COMES A TIME (Original Version, その2)

目玉は2曲目の表題曲「There Comes A Time」だが16分15秒と長い。薄利多売社会で皆忙しい現代人には少し無理があるかも。しかしこのアルバムの当時(1976年)にも忙しい人はいたはずだ。そこで気が付く。当時はLPの時代だ。LPならこの長尺曲の後に1分半…

GIL EVANS / THERE COMES A TIME (時の歩廊+α)

某コーヒー店にて。WALKMANで本作ギル・エヴァンスを(記事にする前にもう一度)聴いておこうと思って席に着いたんだが、店内BGMでいい感じのピアノ・トリオが鳴り出したので不粋なイヤホンなどは仕舞うことにした。誰のピアノかは判らず、曲名も思い出せな…

THE FABULOUS BAKER BOYS [Original Motion Picture Soundtrack]

本盤のラスト曲「My Funny Valentine」は映画でもエンディングに使われ、それはそれは効果的だった。良い映画だったが大傑作でもない、などと思っていたところ、最後のこの曲で感情が急上昇、結局はこの映画に名残惜しいほどの好印象が残った。こういう成り…

CHICK COREA and GARY BURTON / IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979 (その2)

チック・コリアとゲイリー・バートン。この著名デュオのことは昔から知ってるがアルバム一枚ちゃんと聴いたことが最近までなかった。そのシンプルな理由はC・コリアを好きになったことがないからだ。ピアノ奏者としてより作曲者として人々に愛されているよ…

CHICK COREA and GARY BURTON / IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979

従来盤CDではなくBOXセット<Crystal Silence: The ECM Recordings 1972–79>の内のDisc3と4。従来盤CDは元々LP2枚組だったところをCD化に際してディスク1枚に収めるために数曲がカットされたが、このBOXに収録されるにあたりオリジナルな2…

CHARLIE HADEN / THE MONTREAL TAPES, with JOE HENDERSON and AL FOSTER (その2)

Montreal Tapesシリーズのジョーヘンをまた聴いた。トリオ3人が3人とも異常にカッコいい。一曲々々が長尺なのだけど、長くなるにはなるだけの理由があるのだよ、ってことがよく分かる演奏。本シリーズ全体の共通項で長尺テイクでも退屈しないのは生で実演…

JO HENDERSON, CHARLIE HADEN, AL FOSTER / A EVENING WITH JO HENDERSON

あのチャーリー・ヘイデン”The Montreal Tapes”と同じトリオのライヴ盤。再会セッションかと思ったらこっちが2年も早い録音。そして曲目がカブらない。おぉ!マスト・アイテム!と思ったときにはすでに廃盤状態で見つからず、というのがいつのことだったか…

CHARLIE HADEN / THE MONTREAL TAPES, LIBERATION MUSIC ORCHESTRA

リベレーション・ミュージック・オーケストラの音楽というのはなんとなくライヴ向きではないと勝手に思っていたんだが、チャーリー・ヘイデンのMontreal Tapesシリーズを買い揃える目的でとりあえず買った本作で認識が変わった。代表曲を並べてそこにライヴ…

菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ

ギル・エヴァンスではこれが一番好きだな。いつ聴いてもある種の高みへ誘い出してくれる音。しかし、これを本当にG・エヴァンスの作品としていいものか、菊地雅章氏のアルバムとして捉えたほうがよいのか。そのあたりに確信が持てないので「ギル・エヴァン…

CHARLIE HADEN / NOCTURNE

本作はキューバン・ボレロなる音楽を素材にしているらしい。何でもジャズ目線で解釈出来ると考えがちなジャズ音楽家の悪い癖が出ていなければ良いのだが、と思いながら聴くうちに心がジャズから少し離れた。この気持のいいベースは誰だ?、とクレジットを確…

LARA IACOVINI / RIGHT TOGETHER

ララ・イアコヴィーニなる歌手のスティーヴ・スワロー大フィーチャー盤。といっても、この歌手もバンドもスタッフも別にスワロー御大のお出ましがなくても同じコンセプトでそれなりの作品に仕上げたのではないかという力量と雰囲気を感じさせる良好盤だ。L…

BILL EVANS / THE SOLO SESSIONS VOL.2 (もしくはコンプBOX)

ビル・エヴァンスは「Santa Claus Is Coming To Town」をソロ・ピアノ・バージョンでも残している。Riverside期の録音だが、いわゆるオリジナル・アルバムに収録された形では出ていないので盲点か。本盤はB・エヴァンスの死後だいぶ経ってから世に出た。<V…

BILL EVANS / TRIO 64

「サンタが街にやってくる」一曲のためにクリスマス盤の趣あり、と思い出した機会を逃さず久しぶりに聴く。RiversideからVerveに移籍した後のアルバムだが、まだポール・モチアンがいることが心強い。何の責任も負わず単にCDを聴くだけの人間が何をいった…

ROLAND KIRK / KIRKATRON

クリスマスが近い。この時節、大都会に居た頃は街にクリスマス曲があふれ過ぎて風情も何もなかった。ここ金沢はそこまで酷くもないと思うが、北陸新幹線開業以降の人の多さを避けて市街にあまり出なくなった金沢市民(=私)は案外に街中の実態をよく知らな…

STEVE KUHN, STEVE SWALLOW, JOEY BARON / WISTERIA

年末を意識する時節になって来た。今年のベスト・アルバムは何だったか?。まぁそれはそれとして、本作は2012年の私的ベスト盤だったはずだ。スティーヴ・キューンがスティーブ・スワローを起用してピアノ・トリオの新作をしかもECMから出した。興奮。こ…

GIL EVANS / LIVE IN DORTMUND 1976

ゲスト扱いのスター・プレイヤーを迎えてのライヴ盤ということでギル・エヴァンスとしては異色盤ということになる。というわけでG・エヴァンス入門者向けとはいえない。むしろローランド・カークの愛好者で未聴ならぜひ聴いて欲しい一枚だ。R・カークのま…

GIL EVANS with RMS / TAKE ME TO THE SUN

1983年録音ライヴ盤。同時期の決定盤に<At Sweet Basil>があるが、それより優先して聴くべき要素までは見当たらなくとも意外に肉薄の場面あり。メンバーは<At Sweet~>と一人も重複しない。これは何を意味するか。晩年のギル・オーケストラの音はメンバ…

MILES DAVIS / MORE MUSIC FROM THE LEGENDARY CARNEGIE HALL CONCERT

1961年録音、カーネギー・ホール盤の後編。前後編を併せた完全版CDは持っていないので単独の従来盤LPで聴く。前編でもそうなんだが本作のウリであるはずのギル・オーケストラとの共演テイクよりもマイルス・バンド単独のテイクのほうが明らかに聴きどこ…

CHARLIE HADEN / THE MONTREAL TAPES, with JOE HENDERSON and AL FOSTER

チャーリー・ヘイデン“Montreal Tapesシリーズ”のひとつ。いいなぁこれ。土曜日の午後にぴったりきたのはジャズ・フェスのライヴ録音だからじゃないかな。午後というよりもう夕方だが、まだしばらくは陽が高い。雨が降ったり止んだりだが今はうまい具合に晴…

MILES DAVIS / MY FUNNY VALENTINE: IN CONCERT

カットされてたテナー・ソロを復活させましたとか、実はこんな曲もやってましたとか、実際の演奏順に並べ替えましたとか、その手の話がマイルスの2ndクインテットにもチラホラあるんだが、若い時ならいざ知らず歳くってくるとだんだん整理・理解するのが…

CHARLES KYNARD / WA-TU-WA-ZUI (BEAUTIFUL PEOPLE)

買おうと思って買ったアルバムではない。キャロル・ケイのベース目当てで入手したCD<Reelin' with The Feelin'>にいわゆる“ツー・イン・ワン“で本作が付いてきた。こういう音楽家の意向を反映していない抱き合わせ商法は嫌いだが単品CDの在庫が無かっ…

CARLA BLEY / CARLA'S CHRISTMAS CAROLS: with Steve Swallow and The Partyka Brass Quintet

“なるほど、その手があったか!”。カーラ・ブレイがクリスマス・アルバムを出すと知ったときの第一印象だ。一瞬の意表を突かれたが言われてみれば最高の適役。そして予想以上に上出来のアルバムが届いた。しかしさすがにクリスマス物を1年中そう何度も聴く…

GARY BURTON & STEPHANE GRAPPELI / PARIS ENCOUNTER

ステファン・グラッペリとの共演盤。当時バートン・バンドに加入して間もなく、力量に不足があったというギタリストは不在。ギタリスト氏には不幸だったが、そのおかげでスッキリとしたカルテット編成となったのは本作にとっては良かった。ゲストであり同時…

ROD STEWART / IT HAD TO BE YOU: THE GREAT AMERICAN SONGBOOK

「The Great American Songbook」第1集。この企画の勝因はまず編曲だ。“スーパースター”R・スチュワートに相応しく豪華で多彩なトラックの目白押しかと思いきや、楽団編成だけでなくテンポやリズムまで最小限の範囲内で効果的に統一されている。強い抑制心…

ROD STEWART / STARDUST: THE GREAT AMERICAN SONGBOOK, Vol. III

ロッド・スチュワートの「The Great American Songbook」シリーズ。世評ほど大したものでもないと思うんだが、そう言いながらこの妙にウキウキした味が捨て難くて時々思い出しては聴く。本作はその第3集。第何集でもどれも似たり寄ったりなんだが(そういう…

JOE PASS with RED MITCHELL / FINALLY: LIVE IN STOCKHOLM

ジョー・パスといえばまずは<Virtuoso>ということになるのだろうが、あれだけを聴いてもJ・パスを分かったことにはならない。息継ぎも無しに音符で埋め尽くすバカテクぶりは一面でしかない。しかし他の一面を知るにはどのアルバムを聴けば良いのか、それ…

MILES DAVIS AT CARNEGIE HALL

コンプリート・ヴァージョンの2枚組CDも出ているようだが、ウチのは古そうな国内盤LP。昔のライヴ録音だけに音もあまり良くはないと思いきや、そうならないところで本作はちょっと面白い。一聴して低品質のAMラジオのようなモノラル録音ではあるのだ…

JOHN SCOFIELD TRIO / OUT LIKE A LIGHT

ギターっていう楽器はその気なら一人二役でも三役でも出来るんだが、それが仇でギタリストという人種は本来的にバランス感覚を少し欠いてると思った方がいいですね。ピアノも万能楽器だけど不思議と結果はどっちかというと逆になる。あくまで楽器のせいです…

CARLA BLEY / DINNER MUSIC

リズム隊に“スタッフ”の面々を迎えたカーラ・ブレイの異色作かつ代表作ともされる本作だが、なぜだか私こと“スタッフ”のベーシストがアンソニー・ジャクソンだと勘違いしているところがあって、その無意識の前提のせいで本作もベースがA・ジャクソンだと誤…

KEITH JARRETT, GARY PEACOCK, JACK DEJOHNETTE / SOMEWHERE

キース・ジャレットのこのトリオはスタンダード曲を演奏するという以上でも以下でもないことを延々続けている。そこに例えば「よし、今度は○○○集を出そう」とか「マイルスのレパートリーで一枚作ろう」みたいな姑息な手段を用いないところがいい。諸作のほぼ…

CHARLES KYNARD / REELIN' WITH THE FEELIN'

普段の守備範囲に入っていないミュージシャンのものでも何かひとつ共感ポイントがあればアルバムは愛聴盤になり得るわけで、本作チャールス・カイナード盤の場合はベースがキャロル・ケイという一事がその共感ポイントにあたる。エレキ・ベースという楽器が…

GARY BURTON / TIMES SQUARE

頭数も気分のうちでゲイリー・バートンならクインテットよりもカルテットが良い。ピアノよりギターを入れることに異論はないだろう。「Vib+ G+ B+ Ds」これが基本形。だがたまにギターも邪魔に感じる。ならギターを廃してワンホーンにしよう。サックスだとバ…

TORE JOHANSEN feat. STEVE SWALLOW / I.S.

例によってスティーヴ・スワロー参加作は素通りできない、という理由以上の期待もせずに買ったトーレ・ヨハンセンだったんだが中身はまずまず良い。S・スワロー自身が主役のときにはもう演らないような気分のある初期の佳曲「Eiderdown」「Falling Grace」…

Bill Frisell, Ron Carter, Paul Motian

トリオでギターがビル・フリゼール、ドラムがポール・モチアン、と来ればベーシストはチャーリー・ヘイデンあたりで自然だがなんとロン・カーター。なぜわざわざR・カーターか。一曲目が「Eighty-One」だからR・カーターなのか、R・カーターだから「Eight…

BILL EVANS / ライブ・イン・トーキョー

スティーヴ・スワローの愛すべき佳曲「Hullo, Bolinas」に昔の洋楽よろしく勝手な邦題を付けるとすると「薄幸美人」でどうだろうか。もろく、壊れやすく、近づいた分だけ遠ざかるが、こちらの心配をよそに向こうは向こうで何とかなっていく。暗い中にも一抹…

BILL EVANS, JIM HALL / UNDERCURRENT

近年、秋が短い。暑いと思っていたら急に寒くなる。寒い日に本作はミス・マッチだ。余計に寒くなる。ジャケット・アートもこんな調子だが中身も決して温暖な音楽ではなく、特に「Dream Gypsy」が寒い。三拍子の曲というのは不思議なものでメジャー調とマイナ…

JOE HENDERSON / MULTIPLE

ブラック・ジャズというジャンルがあって、まぁお好きな人には悪いがあまりガンバって聴くほどの価値がある音楽とは思っていない。だいたい途中で飽きるよね。さて、出だしブラック・ジャズ寄りに聴こえる本作はどうか。悪くもないが途中で眠くなるところま…

JAZZ TO THE WORLD (Various Artists)

ブルーノートのオムニ盤。基本的にこの類には興味が無いが、マイケル・フランクス&カーラ・ブレイ&スティーヴ・スワローでの「Let It Snow」一曲があった。が、期待とは少し違った。上の3人にギターとドラムも加わるバンド形式。プロデュースはギタリスト…

PAUL MOTIAN / ON BROADWAY, VOL. III

全5作から成るポール・モチアンのOn Broadwayシリーズ3作目。あとの4作は未聴。後回しにしているうちにP・モチアンは他界してしまった。痛恨のミス。音声再生装置としてのスピーカーから出て来る音は同じでも、いま聴いているレコードの音楽家がこの世の…

CARLA BLEY / SEXTET

1987年作。「Lawns」という曲はジワジワ広まって今ではジャズ界でちょっとしたスタンダードナンバーになっているようだが本作収録のそれがオリジナル。 その昔、クロスオーバー・ブームなる現象があって、それはかなりの部分でインスト・ギタリスト・ブーム…

GIL EVANS & LEE KONITZ / HEROES

音楽を聴いていて時間が止まる感覚になることがあるが、そのとき脳に具体的に何が起きているのか生理現象として説明が出来るものらしい(という趣旨の記述を何かで見かけた)。私の場合はギル・エヴァンスとリー・コニッツのこのデュオ盤を聴いていると時間…

GIL EVANS / PRIESTESS

1977年録音ライヴ盤。本作の少し前に出た第1・2集に渡る大作<Live At The Public Theater>の余勢を駆って出してきたような蔵出し未発表モノだったんだが、その内容は<Live At~>に勝るとも劣らない。なんせこっちにはデビッド・サンボーンもいればジョ…

MILES DAVIS / KIND OF BLUE

今でこそ5曲全部に違った趣旨を聴き取れるわけだが、最初のうちは3曲目のバラード以外はどれもこれも同じような曲にしか聴こえなかった。これは辛い。それでも何度も聴いたのはジャズ初心者としてはとりあえず世評を信じてみるより他に手がなかったからだ…

MILES DAVIS / MILESTONES

やっぱり1曲目は「Milestones」にするべきだったんじゃないだろうか。「Dr. Jackle」ではちょっといきなりテンボが早過ぎるよね。3曲目の「Two Bass Hit」がまた速い。なんか落ち着かないなぁ、これはもうカットでいいです。代わりにはそうだな、<1958 MI…