読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音盤日誌@金沢(仮)

レコード(LP/CD/DVD)を聴いて思ったことを書く日誌。

CHARLIE HADEN / THE MONTREAL TAPES, with GONZALO RUBALCABA and PAUL MOTIAN

ジャズ系 CHARLIE HADEN PAUL MOTIAN

f:id:music-kanazawa-discs-blog:20160930135952j:plain

チャーリー・ヘイデンのMontreal Tapesシリーズ。ゴンザロ・ルバルカバのフィーチャー盤。ドラムはポール・モチアン。同じメンツで収録時期も近いG・ルバルカバのデビュー盤は主役のピアノが騒々しく結局好きになれなかったが、何がどう違っているのか本作ではそのあたり抑制が効いて1曲目からぐいぐい惹き込まれた。こうなればラストの「Solar」に否応なく期待が高まるというものだが、ルバルカバ氏、惜しくも最後になって弾き過ぎ。