読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音盤日誌@金沢(仮)

レコード(LP/CD/DVD)を聴いて思ったことを書く日誌。

日野元彦 / IT'S THERE

f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161114084111j:plain

これはちょっと評価しにくい。強力な布陣が出す音はやはり強力なのだが、正直レッド・ツェッペリンの曲をジャズ調インストでやることの意義を当の(元彦氏は別としても)ミュージシャン達がどの程度に考えていたのか、そういった疑問をつい挟みながら聴いてしまってなかなか素直に楽しめない。良くも悪くもジャズ屋さんはなんでもジャズにしてしまう。たぶんあんまり深くは考えていない。聴き手の当方もそうすればいいのだけど。