読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音盤日誌@金沢(仮)

レコード(LP/CD/DVD)を聴いて思ったことを書く日誌。

CHARLIE HADEN / THE MONTREAL TAPES, with JOE HENDERSON and AL FOSTER

f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161218105050j:plain

チャーリー・ヘイデン“Montreal Tapesシリーズ”のひとつ。いいなぁこれ。土曜日の午後にぴったりきたのはジャズ・フェスのライヴ録音だからじゃないかな。午後というよりもう夕方だが、まだしばらくは陽が高い。雨が降ったり止んだりだが今はうまい具合に晴れ間。ちょうどそんな感じの時刻と気象条件の屋外会場の録音だと勝手に決めつけながら聴いている。ホントのことは知らない。普通に屋内会場かもしれない。事実がどうだったかということはあまり重要ではない。今日はこのあと何も予定がないのがいい。ゆったり気分で聴ける。全曲聴いて今アタマからもう一回聴き始めたところ。このライヴ盤は録音がいいな。特にアル・フォスターのドラムがいい感じだ。ジョーヘンのサックスのレバー?キー?、正しい名称は知らないがそれらのカチャカチャした機械ノイズまで録音されていて雑音なのにそれがまた気持ちよい。楽音ではなくても現実に楽器からはそういう音が出る。そういうものだ。もっといいステレオ装置のでっかい音で聴きたくなった。オーディオ道楽には足を踏み入れかけて早々に止めたクチだが、そっちへ行っても悪くなかったかもな、とちょっと思った。