読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音盤日誌@金沢(仮)

レコード(LP/CD/DVD)を聴いて思ったことを書く日誌。

KEITH JARRETT, GARY PEACOCK, JACK DEJOHNETTE / TRIBUTE

ジャズ系 KEITH JARRETT

f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161005093226j:plain

ライヴ・レコーディング盤というのは結局のところ一個の作品というよりは追体験もしくは疑似追体験するためのツールだ。キース・ジャレットのこのトリオの諸作(ほとんどがライヴ盤だ)を聴くとよくわかる。演奏そのものも素晴らしいが最も感銘を受けるのは実は観客の歓声や拍手の部分だったりするわけだ。その場に居合わせた空気まで含めたパッケージこそがあるいは作品だ。そして、ジャズの分野でそれが出来ている人は少ない。